記事のカバー画像

2018年05月22日 14時23分

書庫機能リリースのお知らせ/使い方

Yahoo!ブログβ版の書庫機能リリースのお知らせ/機能の詳しい使い方

こんにちは!
Yahoo!ブログβ版をご利用いただきありがとうございます。
Yahoo!ブログ運営担当者です。

大変お待たせしました。
本日、β版に皆様からご要望を多く頂いておりました、書庫機能を公開しました。

以下が新しい書庫機能の使い方になりますので、ぜひ使い方を覚えていただき、ご活用ください。

※当機能は現在βテスターの方のみご利用いただけます。


目次

  • 書庫とは
  • 書庫を作る
  •  設定画面から書庫を作る
  •  記事作成時に書庫を作る
  • 記事に書庫を設定する
  • 書庫に入っている記事一覧を見る
  • 書庫を編集する
  • 書庫の表示順序を変更する
  • 書庫についてのQ&A

書庫とは

書庫とは、記事を分類し、その分類ごとにまとめて見ることができる機能です。

例えば、あなたがグルメについてを中心に複数の記事を作成しており、グループ分けをしたいと思った時に「ラーメン」「イタリアン」「日本食」などの書庫を作成し、記事の内容に沿って書庫を設定することで、「ラーメン」の記事をまとめて見ることができるようになります。

うまく分類をすることで記事が整理され、閲覧者も興味のある分野にたどり着きやすくなります。


書庫を作る

それでは早速、書庫の作成をしてみましょう!

書庫の作成をする方法は、大きく分けて二つあります。

一つは「設定画面から書庫を作る」方法、もう一つは「記事作成時に書庫を作る」方法です。


設定画面から書庫を作る

まずは「設定画面から書庫を作る」方法です。

設定画面に行くには、マイページのプロフィールの右下にある設定(歯車アイコン)をクリックします。


すると、下記のように設定画面に遷移します。

設定のリストの上から3つ目に「書庫管理」があるので、その項目をクリックします。


下記が書庫管理画面になります。

この画面では現在作成されている書庫の数やそれぞれの書庫に入っている記事の件数などを確認できるほか、「書庫の新規追加」や書庫が一覧で表示される際の順番を変更する「順序変更」、すでに設定されている「書庫の編集」ができます。

上記の画面ではすでに3件の書庫が作成されていますが、ここにさらに書庫を追加していきたいと思います。

※書庫は最大100件まで作成することができます。

新しく書庫を作る際は「新規追加」をクリックします。


新規追加をクリックすると、下記の「書庫新規作成画面」に遷移します。

こちらに下記の3つの項目がありますので、設定をします。

  • 書庫の名前(必須)
  • 書庫の説明文(任意)
  • 書庫カバー画像(任意)

書庫カバー画像は、その書庫をよく表す写真や画像を設定するとよいでしょう。設定しない場合は、その書庫に入れられた最新の記事のカバー画像が表示されます。

※ここで設定する内容はいずれも後から編集することができます。

入力が終わりましたら、「新規追加」をクリックで、書庫の追加が完了します。


記事作成時に書庫を作る

次に、記事作成時に書庫を作成する方法です。

下記は記事を作成した後の「投稿確認・設定」の画面になります。

こちらの記事に「おでかけ」の書庫を作成して格納したいと思います。

通常時は書庫の設定は「OFF」になっていますので、書庫を設定する際は、切り替えボタンをクリックし、ONに切り替えます。

  • 書庫が1件もない時
    • 入力欄のみ表示されますので、作りたい書庫名を入力します。
  • すでに書庫が作成されている時
    • すでに書庫が作成されている場合は、プルダウンメニューの一番下に「新規作成」の項目がありますので、そちらをクリックすると入力欄が表示されますので、作りたい書庫名を入力します。

※書庫の説明文や書庫カバー画像を設定したい場合は、「書庫管理」から設定をしてください。

書庫名を入力した後、「公開をする」または「下書き保存」を押すと書庫を作成することができます。

※「下書き保存」をした場合は、記事は公開されず、書庫だけ作成されます。


記事に書庫を設定する

すでに作成した書庫を記事に設定する場合は、先ほどの「記事作成時に書庫を作る」と同様、記事の「投稿確認・設定」から設定します。

上記のようにプルダウンメニューを開いて記事を格納したい書庫名を選択します。

選択した後、「公開をする」または「下書き保存」を押すと書庫が記事に設定されます。

※記事に書庫を設定・作成した上で下書き保存、または予約投稿をした場合は、書庫だけが先に表示されます。


書庫が設定されると、記事一覧や記事詳細に設定した書庫名が表示されるようになります。

今回は「おでかけ」の書庫を設定したので、上記のように書庫のアイコンと「おでかけ」の表示が出ました。設定された書庫が一目でわかるようになっています。



書庫に入っている記事一覧を見る

書庫が作成されると、下記のようにマイページアクセス時に書庫の一覧画面に遷移するようになります。

こちらのページでは作成した書庫一覧を詳細とともに見ることができます。

また、このページからも「新規追加」及び「順序変更」の画面に遷移することができます。

では、「おでかけ」書庫に入っている記事を確認しましょう!

「おでかけ」の書庫をクリックします。

すると、下記のように「おでかけ」の書庫に入っている記事を見ることができます。

こちらの画面から書庫の削除や編集をすることも可能です。

※書庫を削除した場合、その書庫に含まれている記事は未分類として残ります。


書庫を編集する

書庫を編集する場合は、「書庫管理」画面から編集したい書庫名をクリックします。

※マイページ>書庫一覧>書庫に入っている記事一覧の「編集」ボタンからも編集が可能です。

書庫作成時と同様、

  • 書庫の名前(必須)
  • 書庫の説明文(任意)
  • 書庫カバー画像(任意)

を編集し、「編集完了」を押すことで書庫の編集が完了します。


書庫の表示順序を変更する

書庫一覧や記事の書庫を設定する際の書庫の並び順を変更したい場合は、「書庫管理」画面から「順序変更」を選択します。

※マイページの書庫一覧の「順序変更」からも同じ画面に遷移することができます。

上記が書庫の順序変更の画面です。

書庫が表示されている順番に数字がふられていますので、数字を変更することで順番を変えることができます。

今回は「グルメ」と「旅行」の順番を変えたいので、グルメを2に、旅行を3に設定します。

下記のように旅行とグルメの数字の順番が逆になっていることを確認した後、「決定」を押せば変更完了です。

※同じ数を指定した場合、作成日時が新しい順に並びます。


書庫についてのQ&A

Q. 書庫は他人にも見えますか?
A. 他人のマイページから、自分と同じように書庫を見ることができます。

Q. 書庫ごとにコメント承認制などの設定はできますか?
A. 書庫ごとにコメントの設定や公開範囲の設定をすることはできません。


書庫機能の使い方についての紹介は以上になります。

Yahoo!ブログ公式アカウント」をフォローしていただくと、いち早くお知らせを受け取ることができますのでぜひフォローをお願いいたします。

引き続き「#ブログ使ってみた」のタグを付けての感想や使い勝手についての投稿をお待ちしております。

また、こちらの記事にもコメントができるようになっておりますので、「ここがわかりづらい」「この部分についてもっと教えてほしい」などのご意見がございましたらお気軽にお声をお寄せください(個別の返信はできかねますのでご了承ください)。

皆様からのたくさんの記事の投稿、お待ちしております!

Yahoo!ブログ公式アカウント

Yahoo!ブログ運営担当者

運営担当者からのお知らせをするYahoo!ブログ公式アカウントです。

コメントする

3件のコメント

  • 2018年06月26日 01時08分

    morugumi

    こちらでいいのかわかりませんが、リクエストさせて頂きます!
    投稿方法がわかり、利用を再開しています。
    ツイッターから個人のHPをのぞきに行くようなイメージで利用しているのですが、タイムラインが非常に見づらいです。
    おしゃれですが、区切りがどこだか分かりづらく、誰がどの記事か迷います。
    もう少し見やすいとほかの方の記事を気軽に見られるようになるかと思います。
    どうぞ、よろしくお願いします。

    返信

  • 2018年06月08日 20時44分

    sumiremonn

    こんばんは。
    過去記事も全て書庫設定終わりました。
    スッキリ整理できましたが、旧ブログの人から指摘で、新着が見つけられないそうです。
    確かに一番左を選ばないと、新着順に見られなくなりました。
    使い勝手が悪いので、トップページは書庫別でなく、新着順にしてほしいです。
    より使いやすく、気軽に楽しめるブログに変わるため、よろしくお願いします。

    返信

  • 2018年05月26日 08時03分

    はるか

    書庫機能、追加していただき、ありがとうございます(^_^)
    早速、設定いたしました。
    書庫の中に、記事を保存すると、記事が整理されて、便利ですね
    β版の一般公開が楽しみです。
    これからも、よろしくお願いいたします。

    返信